2016年ブレイクはザコシショウ、R-1優勝もとにかく明るい安村と被る。結婚は?

またも裸芸人がお笑いグランプリに輝く、ザコシショウ

ハリウッドザコシショウは静岡出身のピン芸人で、実に42歳になります。事務所を転々としながら細々と芸能活動を行っていたようですが、その存在を今まで知らなかった人も多いのではないでしょうか。

不条理ネタや一発芸ネタ、特にスベりそうで滑らない出落ちネタやものまねネタなど芸風は豊富ですが、芸歴20年以上にもかかわらず今まで全国区に名前が知られることはなかったようです。

お笑い界では陣内やケンドーコバヤシなどと同期というベテランっぷりで、ついに日の目を見たピン芸人といえるでしょう。R-1グランプリ優勝後は仕事のオファーが殺到しているといい、睡眠なしの超過密スケジュールをこなしているといいます。

それにしてもとにかく明るい安村もそうですが、小島よしおの様に明るくて脱ぐキャラは一定の需要があることでしょう。しかしながらザコシショウの場合は年齢が年齢ですから、あまりネタに走らずトーク力を発揮してバラエティ番組に進出していってほしいものです。

ザコシショウは結婚しており、結婚5年となる奥さんがいらっしゃるようです。きっと長らく売れなかった夫を支えてきたのでしょうから、今回のグランプリも奥様にとっては歓喜でしょう。

しかしながら今回のR-1グランプリ全体を通して、視聴者の間では”びっくりするほどつまらなかった”や”ネタに笑うところが一つもなかった”など辛辣な意見が数多く並んでいます。

多く見られた意見が”深夜番組から出てくるな”などといった声で、そのネタの出落ちっぷりなどはゴールデン向きではないとされているようです。

カトパンすらもネタで笑っていなかったことから、万人受けするような面白い芸がR-1であまり見られなかったという意見は真実味を帯びています。

早速”すぐ消えるだろ”といった一発屋を予測するような意見も目立っていることから、ネタが面白くなければトーク力を武器にバラエティに席を確保するのが生き残るためにも最優先だといえるでしょう。

コメントなし

返事を書く