熊田曜子が明かした結婚生活、世のセックスレス夫婦の一因ではと話題に

日本人のセックスレス化が叫ばれるが、ヒントは熊田曜子にアリ!?

グラビアアイドルとして人気を獲得した熊田曜子、最近ではバラエティ番組など多方面での活躍が見える様になってきました。

そんな中昨日のダウンタウンDXに出演した熊田曜子は、自身の結婚生活についてクレームを受け取るコーナーで夫から予想外のクレームからついたのですが、その内容が男性陣には非常に納得できるものだったようです。

そのクレームの内容は、”授乳したままおっぱいを丸出しにして歩き回ったり、寝ていたりする”などというものでした。

この突拍子もないクレームにスタジオは湧いた物の、その後男性陣から「確かに」や「女性としてどうか」などと冷静な意見が噴出しました。

熊田曜子は「完全に丸出しではなかったけれど、授乳回数が多いので仕方なく」などと弁明していましたが、スタジオの男性からはブーイングも。

この件について、視聴者の女性は”それだけ育児に疲れてること、旦那も器ちっちゃい”や”育児で忙しいのに女らしくしてほしいはおかしい”といった声をあげているようです。

その一方で、今日本では夫婦やカップルの早年セックスレス化が叫ばれています。月に4回に達しないカップルばかりの中で、その原因の一因となっているのが”彼女や妻を女性として見られない”ということ。

女性の声が非常に大きくなってから久しいですが、上記の様な意見はあくまで女性サイドからの一面のみ反映したコメントです。

熊田曜子の件のみならず、男性が配偶者を”異性として見られない”というのは”なんとかしろ、自分を合わせろ”などと批判しているだけでは悪化の一途を辿るのみです。

今回の授乳の件もそうですが、コインの片側だけ見て批判や意見を繰り出すのではなく、両側をきっちり吟味した上で妥協策を見いだしていくというのが誰に対しても求められていることでしょう。

熊田曜子の場合は、”とはいってもね”で済んでしまうかも知れませんが一般家庭にこの話が波及し夫婦喧嘩などにならないことを祈りたい物です。

コメントなし

返事を書く