宮崎議員はハニートラップにやられた!?不倫相手の宮沢磨由が報道を否定

グラビアタレントとのハニートラップ?宮崎議員の育休不倫

イケメンイクメン議員の宮崎元国会議員の不倫相手とされた女性(宮沢磨由)が、TBSのテレビ番組で独占インタビューに応じた。その中で宮沢は深く後悔・反省しているとのコメントを涙ながらに残したそうです。

焦点だった宮崎議員がハニートラップだったのかどうかという点については、宮沢はきっぱりと否定したという。これで、宮崎議員に対する陰謀説や策略の線も見かけ上は少なくとも消えうせたことになる。単純に、宮崎議員の意識の低さが招いた事件だったということができるだろう。

それにしてもこの宮沢磨由という女性も、ハニートラップでなかったとしてもでは全くその気がなかったのかといえば、そうではないといわれている。もともとバスト90CMとも言われるスタイルと、胸元の開いたセクシーなドレスを着て頻繁にパーティに通っていたといい、気に入った男性を自宅に誘うようなことも行っていたという。

宮沢は宮崎議員の人生を狂わせてしまったなどとして深く反省しているとのことだが、過去の交友関係でも男性を別の女性から寝取るような行動をとっていたとしてネット上で話題になっている。

ところで結果的にこのような大きな事件を起こしてしまった後で、テレビに出られる度胸も注目すべき点ではないだろうか。普通、本当に何も知らず宮崎議員に騙されて不倫関係になってしまっていただけであればメディア露出などとは考えず、せいぜい訴訟を起こすか起こさないかぐらいでひっそりと生きていくことを選択しないだろうか。

議員を陥れた女性として箔がついてしまうことを善しとする女性はそういない中、宮沢磨由は平然とテレビに出られるそうですから一筋縄ではいかない女性という意見も間違いないでしょう。巷で言われている通り一日に400回ものラインを交換しているのであれば、それだけ依存心の強い女性だということの証明にもなります。

いずれにしても、宮崎議員の言ったこととやったことのギャップに対する批判は今後も続くでしょう。その一方で、こうした性にオープンな女性については警戒してしかるべきですから、自民党内でも今後はより真剣にハニートラップ対策などについて議論されるようになっていくのでしょうね。

コメントなし

返事を書く