新婚さんならぬ不倫さんいらっしゃい!?紫艶が桂三枝師匠の裸を流出させた疑惑も魚拓がない

桂文枝がソファーで裸になり、新婚さんいらっしゃいのクッションを尻に敷いて”ゲス不倫”した疑惑

今年頭から始まった”ゲス不倫”フィーバーですが、桂三枝師匠とその弟子紫艶との間の不倫騒動はベッキーほど騒がれず、幸いにも落ち着きの様相を見せていました。

しかし、また新たに衝撃的なニュースが入ってきました。なんと桂三枝の裸の写真が紫艶のFacebookを通して”流出”したというのです。なんということでしょう、70歳を超えて裸を全世界にさらされる気持ちはどうなんでしょうね。

その写真の内容はといえば、新婚さんいらっしゃいのロゴ入りクッションを持ちながら事後を予感させるシチュエーションのものだったそうです。

新婚さんいらっしゃいのクッションを尻に敷きながら愛を確かめあうのが好きだったなどと暴露した紫艶ですが、本当であれば新婚さんいらっしゃいならぬ”不倫さんいらっしゃい”ですねほんと。

勢いが落ちてきたからか追加の燃料を投下した形ですが、一つ不自然なことがあります。ネット中を探してもその”流出した”とされる写真が見当たらないのです。

どんな建前を並べたところで今のネットは流出した画像は不可逆的にネットにさらされ続けます。ハリウッドセレブのiCloud流出事件の写真なんかもダークウェブで流通しています。

日本では魚拓やアーカイブサービスなどの時間切り取り型の記録サイトが複数ありますが、そのどれも残っていない様に見えるのです。画像検索をかけてもそれらしい写真は皆無で、今までの流出事件とは全く違った様相を呈しています。

個人的には、この騒動、マッチポンプなのではないかという気もしています。流出してもいない写真を流出したと騒ぎ、急いで消したことにして、見つかる前に証拠隠滅。そしてその事実と写真の内容だけをメディアに知らせることで祭り上げてもらうということ。

紫艶の前回の発言などを見ても目的は売名行為とかいうレベルではなく、桂三枝師匠への復讐が入っているとしか思えません。

今回は桂三枝が司会を務めていることを当然知りながら、新婚さんいらっしゃいのロゴ入りクッションをケツの下に敷いて”ゲス不倫”にふけるのが好きだったと紫艶が暴露したようですが、そのことも復讐でないとしたら一体どうすれば説明がつくのでしょうね。

リベンジポルノだと騒いでみても、肝心の写真も見つからなければ意味も証拠もありません。そういった批判や訴えを避けるためにも空想のヌード流出事件を作り上げたのだとしたら、いよいよこの女性は本当に危険ですね。

何にせよ、桂三枝は自分の尻は自分で拭う必要があります。男である以上きっちりしてもらいたいものです。

コメントなし

返事を書く