ベッキー&ゲスの極み乙女。川谷不倫騒動でサンミュージック社員が激怒?

ボーナス無くなるんじゃないの・・・

今年が明けて早々に文春から放たれた爆弾、ならぬベッキー&ゲス川谷の不倫疑惑のライン流出。
特に、数多くのレギュラーとCMを誇っていたベッキーにとっては大きな痛手となりました。

ベッキーとゲス川谷の不倫疑惑騒動が報道されるやいなや、ベッキーが出演するテレビ番組には
悉く抗議の電話がなり続け、世論からの強い圧力によって多数の番組降板を余儀なくされました。

更にスズキ・アルトなどのCMでも活躍していたベッキーですが、そちらも不倫というイメージが
ふさわしくないということで打ち切りが決定したようです。

最終的には全CM・全番組から降板させられてしまう事態へと発展しました。
その裏ではベッキーの出演シーンをカットする手間など様々な苦労があったのは想像に難くありません。

また、優等生キャラであるベッキーのスキャンダルに対してCMを打っていた企業からの
違約金請求は4億円とも言われており、ベッキーは自分で払うと意思を固めているそうです。
それだけ稼いでいるという事でしょうね。。。

それにしてもベッキーが所属するサンミュージックという事務所ですが、所属タレントを見ても
今も大活躍中といえるのはベッキーを除けばカンニング竹山ぐらいのものです。

事務所の稼ぎ頭だけあって、ベッキーが休業してしまうことのダメージは非常に大きかったはずです。
パレートの法則などといわれる、”ビジネスにおいて利益の8割は2割の商品から生み出される”という
ジンクスがあります。

実際ベッキーがどのくらいの利益を生んでいたのかは不明ですが、間違いなくサンミュージックの中で
ダントツの番組出演率でしょう。

それだけの稼ぎ頭がいなくなって、更にはスポンサー企業からの違約金などが重なりサンミュージックは
今それなりに厳しい状況に追い込まれてしまったのではないでしょうか。

報道では、夏までに売れそうなタレントもおらずそのような違約金を課されてしまえば、
今年のサンミュージック社員のボーナスはなくなるかも知れないなどと噂されている。

それにしてもタレント一人の私生活ひとつでこうも大きな事務所が被害を被るなど
やはり人気タレントの影響力の大きさをかいま見る事ができた事件でした。

コメントなし

返事を書く