ベッキー不倫疑惑のゲス極み川谷が早くベッキーと別れたいと吐露!?

ベッキーと不倫していたゲス極み乙女のボーカル川谷、身勝手?

新年早々週刊文春に自身の不倫疑惑をすっぱ抜かれたベッキーとゲスの極み乙女ボーカルの川谷。二人の不倫疑惑は世の中の憎悪を呼んでしまい、芸能人の擁護もむなしく集中砲火にあってしまいました。

最初はベッキーを降板させることはないなどとしていた制作会社も、結局の所世論からの圧力に耐えきれずベッキーを降板させました。結果的の今回の不倫疑惑でベッキーはレギュラー含む全番組降板、全CMも取り下げという異例の事態に発展し、ついには休業まで追い込まれました。番組側もベッキーが映ると何百、何千という批判が届くために出演シーンのカットなどに細心の注意を払っていたといいます。

それとは対照的にゲスの極み乙女は自身のライブの販売告知を積極的に行うなどとして順調なライブへの道のりを歩んでいるようです。最初の頃は知名度と優等生キャラで売っていたベッキーに非難が集中しましたが、休業に追い込まれると今度は川谷が標的となったようです。

奥さんが居るゲスの極み乙女の川谷ですが、なんと不倫していたとされるベッキーと「早く別れたい」などとこぼしているようです。ベッキー側は職を辞してでも好きになった川谷を追いかけようとしている最中、この報道が本当であれば文字通り”ゲスの極み”でしょう。

それにしても、テレビ局側も最初は”高々不倫疑惑ぐらいで・・・”と思っていたふしがあるようです。芸能人の擁護が続き、番組も最初はベッキーを出演させる方向で動いていたことからも読み取れます。しかし、今回の一連の騒動によってその意識が視聴者との間に強烈なギャップを生んでいることが明らかになった形です。

くっついては離れ、といった交際が多い芸能界ですが、お茶の間にも出てくるようなタレントに不倫疑惑は致命的です。そして、不倫をしながら順調に音楽活動を続け、自分が追い込まれそうになったら不倫相手を捨てようとする態度は批判されてしかるべきです。ロックバンドは不倫疑惑じゃびくともしない、などと見る向きもありますが日本社会で本当にそれが許されるのか、これからも見守っていきたいところです。

コメントなし

返事を書く