元AKB48センター前田敦子の今!主演ドラマで昼ドラばりのドロ恋愛披露か

元AKB48センターでレジェンド、前田敦子がキス真や”ゲス不倫”

元AKB48初のセンターメンバーで卒業した前田敦子が、TBS「毒島ゆり子のせきらら日記」という深夜ドラマで主演することが決まったそうです。TBSでのドラマ主演は初めてとのこと。

同番組のテーマは恋愛と政治ということで、主人公であるゆり子はバンキシャとして働きながらも恋に励む。幼い頃の家庭環境から人間不信となっており、ゆり子の恋愛体質は非常に特異なものとなってしまっている。

例えば誰かと交際する際には最低でも二股でなければいけないなどというもの。三股など当たり前で、ゲス不倫が話題になっている2016年には中々の刺激作のようです。

深夜ながら昼ドラ並に”ドロドロ”しているそうですが、大半の視聴者が疲れている深夜にわざわざドロドロした重いドラマを見るかどうかは結構怪しい気もしますが・・・。

しかも、そんなゲス浮気を繰り返す主人公を前田敦子が”世の中の女の子の姿をリアルに描いている”などとしていますが、世の中の女性がそこまで”ゲス浮気”を繰り返しているとは思えませんね・・・。

前田敦子はAKB48を卒業してからというもの、大島優子や指原ほどバラエティ番組に出演しておらずAKBサイドとしても出番を抑えることで希少価値を出そうとしているなどと言われているようです。

ネット上では同番組に対して一定の期待の声があがる一方で、”前田敦子は頑張っていると思うけど声が苦手”などと前田敦子に対する否定的な意見があります。

アイドルとして歌には良いかも知れないが、その独特な声質がドラマの雰囲気や世界観といったものをぶち壊しにしてしまうというのが理由のようです。

しかしながらAKB48を卒業してから細々且つ着実に女優としての実力を鍛えている前田敦子に対して概ねは肯定的な意見が多く、同ドラマに対しても期待の声があがっているようです。

不倫ドラマといえばTBSと言われるほどですが、”ゲス不倫”ブームの今、このドラマは乗っかって人気と数字を取れるのか注目されます。

コメントなし

返事を書く